忍者ブログ
自閉症を中心に知的・発達障害のある人の支援をしているネコのつぶやきです♪
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画館で観てきました。

チョコレートドーナツ公式HP

どうもテレビで「泣ける映画」として紹介されていたようで、実際、映画館には鼻をすする音がいくつもありました。

お話の構成を考えると、もう少し時間が必要だったし、エピソードが必要だった。
「家族になっていった」過程があまり描かれず、ちょっとした手法で簡単に垣間みただけに留まった。
それが後半のシーンの感動を少し薄めてしまったように思う。

おそらく、テーマがいくつかあった為に焦点が分散されてしまったのが原因ではないか。


なんて、つまらない批評をする映画ではないです。

理屈じゃなく、感情で受け止めるのがこの映画の楽しみ方かと思います。


テーマは差別と反抗。
世界は差別に溢れてる。

マイノリティは常に差別にさらされている。

障害者、同性愛者、有色人種。
差別されるのは仕方ないと諦めてしまったらそこでおしまい。世間に、差別に抗う姿が生や愛を感じさせるのだろうか。

理屈なんてどうでもいい。
自分の信じるものを、自分の愛するものを守る事が人生。世間とか関係ない。差別とか関係ない。

そこには自分がいて、隣には自分の愛するものがいる。
愛するものを守る為に戦うんだ。



仕事にも通じる部分があると感じた。
理屈ばかりじゃなくて、自分の感じたもの信じたものを貫く為に戦う。誰にでもいい顔をするのではなく、間違ってると思うものには屈しない。そんな強さを感じた。



ひとつ悲しかったのは、差別に抗う事がひとつのテーマだと思うこの映画、差別される側の人間が、実は別の差別をするシーンがあった。

人は差別され、そして差別する生き物なんだ。
差別する事は生きる事なのかもしれない。

理想論とか建前とか、そんな正しそうな事に縛られて生きてると窮屈だし、どこかで矛盾に圧し潰されるよ。

自分の信じた道を進むんだ。


最後に、この映画に欲を言うならば、3人が家族になっていくシーン。
あの簡単に流してしまったシーンを突き詰めて作って欲しかった。
そうしたら、最後のシーンでは涙は止まらなかっただろうし、裁判のシーンでも同様だったと思う。心に残る1本になったかもしれない。それだけが残念です。


またまとまりのない文章になりました。

チョコレートドーナツ。
今日で公開が終了する映画館が多いようです。

何かの機会があったらぜひ、観てください。
自分に芯を持てずに何となく流されて生きている人。芯を持って生きてみたくなりますよ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 職場開拓 HOME 言葉の問題 >>
カウンター
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
まんちかん
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1980/06/12
職業:
障害者の就労支援
趣味:
フットサル
自己紹介:
重度の知的障害を伴う自閉症のある人を中心に、幼稚園児の療育から成人の就労支援までちょいちょいつまんできました(*´∇`*)

現在は就労支援と職場開拓をしてます!
最新コメント
フリーエリア
広告
忍者ブログ [PR]